FC2ブログ

2020-02

19/12/29 ボルダリング@恵那笠置山 年末年始ツアー~その2 登り納め!?

年末年始ツアー2日目。

里エリアに行く予定だったが、トポを見ていたらやってみたいと思わせる課題を発見。

駐車場からも近いので朝一で行かせてもらうことにした。

電波搭尾根エリアの「ダイヤモンド」という課題。

岩に行ってみるとホントに見事なダイヤモンド型。

弱冠のスラブで下地が良く、恵那にしては珍しく取りつきやすい。

課題をやりつつアップする形式でいきなりトライ開始。

・ダイヤモンド 初段
 岩が大きいので上部に核心があるかと思いきや3、4手目までに強度が詰まっていた。
 左手で薄いカチを取るところが最大核心。
 カチが取れたらそのままトップアウト。


高さがあってちょっと怖いがホールドはかなり良いので落ちる感じではなかった。

エリもやはり下部で苦戦。

足が長いせいか同じフットホールドでは厳しいらしい。

こういう時短足は有利ですな😂

結果左側のフットホールドに先にライダーキックで送る作戦になったがイマイチ精度が悪く敗退。

もう少しで出来そうなだけに惜しい。

とりあえず今日の本命は里エリアなのでお昼前ぐらい移動。

お次はエリがやってみたいと目をつけていた「デブリードマン」へ。

・デブリードマン 初段
 敗退。
 まず初手がなかなか取れない。
 1時間ほどやってやっと止まったので恐らくコツもの。
 で、後半をやってみるとガバホールドまであとちょっとのところで届かない。
 足位置を変えたりしてやってみたが1度も出来なかった。

何となく出来そうでできないやつ。全く希望を見いだせず終わってしまった。

手のホールドは変えようがないので足位置でなんとか届くように工夫しなくては。

少しだけ長いエリもやはりちょっとだけ届かず敗退。

これはなかなか苦戦しそうだ。

ツアー中にもう一度やるか悩むところ。

この後、「ジェンガ」を触るも手首の痛みでアンダーカチが持てず諦め、、「ツェバーバ」はスタートから微動だに出来ず。

後々、明日明後日が雨で登れずこれで年内の登り納めだったということ知ることになる。

が、岩場に居るときは気にしていなかったのでちょっと不甲斐ない感じで年内最後の登りを終了。


さて、今年も一年よく登りました。

岩場で出会った方、一緒に登った方など本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

19/12/28 ボルダリング@恵那笠置山 年末年始ツアー~その1

今日から9連休の正月休み!

本当はビショップへ行きたいところではあったけども値段が半端ないので断念。

今回はなるべくお金をかけずにいこう。

ということで、行きたい岩場の中で車で行けて滞在に困らないところと考えたら・・・恵那!

てなわけで年末年始は恵那に行くことに決定~。

宿の予約だけすれば良いのでかなり楽。

今日は朝の渋滞が酷そうと思い前日の夜に出たんだけど、そんなに混まなかったみたい。

この時期の車中泊は寒すぎて厳しい。

今後機会があるなら装備を考えなくては。

寒さで眠りが浅かったけど、昨日のうちに恵那峡まで来ていたので朝はめちゃ楽~♪

朝御飯を食べて準備。割とちゃんとした朝食でした。
191228_01.jpg

支度を済ませて、いざ笠置山へ。

今日の目標は「アルケミア」なので近場でアップになりそうな課題を探すと「イトウアイランド」を発見。

早速アップがてらやってみた。

・イトウアイランド 3級
 アップと言いつつも前半結構ムズい。
 明確なフットホールドがなく3手目ぐらいの手の寄せに苦労した。


無事にエリも完登。

思ったより難しかったが、ちょうど良いアップにはなった。

ここから更に下りテンプテーションエリアへ。

早くも本命の「アルケミア」。

・アルケミア 初段
 前回までにリップまでは自動化出来てたのに取り付くと全く出来ず。
 リップまでのムーブに慣れるまでに30分ほど費やしいざ核心へ。
 リップが全然止まらず諦めかけた時、ふいに手の出す位置を変えたらいきなり止まった!
 これでもう終わりかと思いきや本当の核心はここから。
 手が抜けたら悲惨な落ち方するなという恐怖感と戦いながら何とかマントルを返してフィニッシュ。


いや~、登れて良かった。

今年一のマントル課題でした。

今日1日分の力を出しきった。

ツアーの目標を初日で達成出来たのであとは新しい課題探し。

とりあえず次はエリの宿題「孔雀王」へ。

昨日の雨の影響で初手が少し濡れてはいたがガバだしあまり影響はなさそう。

前回同様、左ヒール掛けて左手カチ取りがなかなか出来ない。

距離が出ないのであれば右足も何かを拾わないとダメそう。

ホールドらしきものはないがつま先で押せそうなところを探す。

・・・何となく足先で踏めそうな所を発見。早速やってみる・・・正解!


簡単にカチが取れるようになって無事に完登。

二人とも宿題が終わったので幸先の良い年末年始ツアーの開始。

帰りがけにちょっとだけ新しい課題をお触り。

ムーブがなかなか面白い「サゴジ」。

・サゴジ 初段
 敗退。
 ムーブの面白い部分は下部。
 何度かやると慣れてきてサラッとこなせる様になってきた。
 上部のマントルに入り次のムーブに迷った挙句、疲れてしまいフォール。
 その後はマントルまで行けず。

やってしまった。。これは登れてたやつ。

明日は里エリアの予定なので、レスト日以降の日程でまた来られればやりに来よう。

今日はここまで。

夜ご飯は肉が食べたいのでブロンコビリー!

安定の美味しさでした。

19/12/24 ボルダリング@湯河原幕岩 こっそりと。。

本当はゾエくんが台湾に行く前に岩に一緒に行く予定で切った平日カード。

残念ながらゾエくんが行けなくなってしまったので一人で行ける岩場をチョイス。

近さや岩の大きさを考えるとやはり湯河原か。

不思議と1年に1回だけこの時期に行ってる気がする。

まずは去年落とし損ねた「サブウェイ」から。

・サブウェイ 二段
 まずはムーブを思い出すところから。
 割とすぐに後半のムーブが出来てすぐに繋げてみる。
 前半で数回失敗するも3,4便目で無事完登。


あまり便数を重ねて疲れてしまうとまた出来ない可能性があっただけに早めに終われて良かった。

この岩は他に興味のある課題はないのでサンセット岩へ移動。

これまた去年落とし損ねた「ファンタジスタ」。

・ファンタジスタ 二段
 敗退。
 近頃、ガバカチが限定でないという噂を聞いたが今更変えてやるのはどうにも癪に障る。
 他人が使うのは自由だと思うが自分は使わないで登ろうと思う。
 で、去年出来てたムーブが全くできなくてガックシorz
 3手目の薄カチを右ヒール掛けて取ることにした。
 そうしたら次の薄カチからの左手ピンチ取りが出来なかった。

うーん、去年はここで苦労した覚えはないのだけれども。

やはり前半のムーブを変えたことの影響か。

そもそも朝一はちょっと岩濡れてたしな。

更に疲れが溜まってるせいもあってかキレがなかった。

しょーもなく色々と出来ない理由考えて自分を正当化してから下に下る。

14時頃には下山開始。

降りてきてすぐに通る「湯河原ジャンプ」が昔出来なかった記憶だったのでついでに触ってみた。

・湯河原ジャンプ 3級
 マット要らないかと思ったけどさすがに飛び出すのを躊躇してしまうので敷いてトライ。
 それでも一回躊躇して2回目で完登。


あとは行くのが楽な米粒岩へ。

「米蔵」という課題をやってみた。

・米蔵 初段
 トポによると二段と書いてあるがホールドの選択によっては大分簡単な気がした。
 少し調べてみると上部の左カチを取るまでに途中のホールドを使うと2級?
 いきなり左手カチだと初段?っぽいとのことなので右手ピンチから左手カチへ。
 最後のリップ取りが少し遠いがこれなら確かに初段ぐらいな気がした。


時間あったら「山女」やら「椿」やらやってみようと考えていたが移動が面倒になってしまいここで終了。

ささっと帰宅。

次行く機会が訪れるのはいつになるだろうか。

19/12/21 ボルダリング@小川山 今度こそ年内最後の小川山!

前回の小川山で最後かと思っていたが一向に雪が降らない。

まさかのもうワンチャンスあった。

朝イチ、隊長とエリが体調不良となったのでガミくんと2人で小川山へ。

先週に引き続きとりあえず談合坂でスタバに寄ってみた。

191221_01.jpg
キャラメルドーナツwithキャラメルマキアート

甘さ抜群の朝食をキメて栄養補給したところで今日やる課題を考える。

先週で燃え尽きていたのでこれと言って特にやりたいものがない。

さてどうしたもんかと考えて、ふと思い付いたのが「朱雀門」。

2人だけだし身軽だから行ってみるかとなりました。

・朱雀門 二段
 敗退。
 予想に反してホールドがめっちゃ持てる!
 出先のホールドに手が届くようになったものの止められず。
 あとちょっとだけ何かが足らない。
191221_02.jpg

以前やったときよりかなり好感触。

これは次シーズン可能性ありです。

飛んでるだけだけど割と疲れた。

そしてしっかり指に穴が開いたorz

2人なので回転が早く割と疲れた。次に何をやりに行くか迷う。

話し合いの結果、帰り際にある課題をいくつか触って時間が余ったら「雨月」をやりに行こうってことになりました。

まずは帰り際1つ目「ヌメリイグチ」。

・ヌメリイグチ 初二段
 前に触ったときは夏だったかな?
 初手取りがムズいと思った印象だが、今日は普通に取れた。
 フリクションによって大分変わるのかも。


さらに少し戻って「バルカン」。

・バルカン 二段
 敗退。
 右手ポッケからの左手ガバカチ取りが止まらず。
 ホールド触ってるんだけどなぁ。
 恐らく飛び出し方が良くないと思われる。

191221_03.jpg

何となく出来そうなんだけど、どう改善して良いか分からない。

これは何回かやって感覚を掴むしかないかな。

ここまでで15時ぐらい。

少しではあるけど上に行く時間ありそう。

なので、「雨月」へ。

・雨月 初段
 敗退。
 が、今までで一番惜しかった。
 リップまであと10cmってところかな。
 もう少しフレッシュなら行ける気がする。

今日はあと少しなんだけど出来なかった課題ばかり。

でもどれも以前は全く出来ない印象だったので徐々に成長はしているように感じた。

車に戻った時に指を見てみるとなかなか穴が深い。

191221_04.jpg

年末年始の恵那までに治さなくては。

帰りはまたまた中村農場でどんぶりかと思いきやチキンカツとラーメン❗

191221_05.jpg

191221_06.jpg

美味かったけどカツにラーメンはちょっとやり過ぎた😓

そしてしっかりデザートのカタラーナもいただきました♪

191221_07.jpg

19/12/15 ボルダリング@恵那笠置山 2日目のアプローチはきつい。。

恵那2日目。

正直、指皮痛いし疲れてるしでかなりぐったり。

でも連休ではないのでお昼頃帰るために朝早く出発。

8時前からテンプテーションの駐車場からアプローチ開始。

30~40分は登っただろうか。

やっとのことで「アルケミア」に到着。

来てみて思ったが上から降りてきた方がはるかに早い。

恐らくゴールデンルーフの辺りまでなら下からの方が近いかも。

あまり陽が当たらないせいかかなり寒い。

アップもしながら早速取り付く。

・アルケミア 初段
 敗退。
 前回同様、下部はすぐ自動化できたがリップが止まらず。
 右足を残す意識をしたら止まったが、繋げて止まることはなかった。

ソースケは結構簡単にリップ止めてたので観察してたら足が残ってた。

それ見て真似してみたらパー練では一度だけ止まったが確率が悪い。

止めようとしてる位置違うのかな?うーん、まだよく分からない。

そしてソースケ曰く、リップからがヤバいらしい😓

まぁ、何となく分かってはいたけどやっぱりそうなのね。

うーん、依然全く出来るビジョンが湧いてこない。

次回やるか迷うが出来れば落としたい課題。

年末来てから考えよう。

さて、お次は少し下って「孔雀王」。

・孔雀王 初段
 これまた何か欠けたのかな?っていう印象の課題。
 1回カチ取りミスりましたが2便目で完登。


エリも出来そうではあったけど、右手のロック力が足らない模様。

残念ながら次回に持ち越し。

もう少しだけ推進力が出ればカチをちゃんと取れるんだと思うんだけど。

これも年末年始かな。

今日はここまで終了。

帰りは恵那峡SAでお昼ご飯。

からあげ定食美味かった!
191215_01.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:Kaoru Ka
雛祭り生まれ☆
T-WALL大岡山店ができたこによりボルダリングを始めました♪

NUCLEAR FUSION


携帯待ち受けFLASH作成所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
大岡山 (113)
入間 (1)
小川山 (112)
鴨居 (2)
錦糸町 (1)
江戸川橋 (2)
御嶽 (43)
カラファテ (2)
清里 (2)
その他 (50)
TDS (1)
ゴルフ (3)
白浜 (2)
秋葉原 (3)
真鶴 (1)
八幡(福岡) (1)
東札幌 (1)
笠置山 (24)
北軽井沢 (1)
豊田 (52)
蓬莱 (1)
綱島 (1)
柴崎ロック (1)
旅行 (13)
瑞牆 (64)
白州 (4)
金原ダム (2)
城ヶ崎 (19)
塩原 (6)
笠間 (5)
湯河原幕岩 (10)
十里木 (2)
Bishop (45)
春野漁港 (1)
日ノ御子 (2)
大山岬 (1)
Squamish (9)
フクベ (6)
北山公園 (5)
SSK (6)
裏榛名 (1)
具志頭 (3)
三重宮川 (2)
富士川 (1)
下仁田 (1)
三峰 (3)
中津川 (2)
聖人岩 (1)
神居古潭 (3)
ニニウ (3)
杣添川 (1)
DTR (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR