FC2ブログ

カオル的日頃のことの備忘録(主にクライミング)

自分の日常で体験したことについての備忘録です。でも、ほとんどはボルダリング日記!

10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

17/11/26 ボルダリング@瑞牆 股関節が硬い・・・ 

1日レストしてのまたまた瑞牆。

一緒に行くはずだったNカワ氏が仕事で離脱したため隊長と3人で出撃。

まずはエリさんが「カラクリ」をやりたいとのことなので二ノ谷へ。

「カラクリ」周辺でアップ出来そうな課題を探してみる。

やたらでかい岩が見えるので課題あるかなと見に行ってみると、どうやら寿老岩というらしい。

脇に「カノープス」という課題がありなかなか面白そうだったがグレードは二段。

ロケーション、課題の雰囲気からして不人気だろうな。

個人的には興味をひく感じで来シーズンやってみたいと思った。

ここから少し下に降りると綺麗なハングした岩があった。

トポによると課題名はなく「ハングSD4級」というらしい。

4級ならアップに最適だろうとサブマット1枚でやってみた。

・ハングSD4級
スタートから3手目ぐらいまではガバなのに急にホールドが無くなった。
リップ沿いの窪みを必死で押さえるも最後の1手を出せるほどの自信が持てずフォール。
その後3回ほど撃ち、充分に身体の温まったところで本気でトライして完登。

4級にしては恐ろしく難しい。最後のマントルで落ちそうになったし。

しかしなかなかに良い課題だった。

ついでにすぐ下の団栗岩でも軽くアップ。

・団栗 5級
見た目とは裏腹になかなかムズい5級。
上部で悪いホールドを持ってしまいフォール。
2便目は慎重にホールドを持って完登。

うーん、ここら辺の課題侮れん。

隊長は足が乗れないせいかひっくり返って落ちてきた。

今の隊長の重たい身体では難しい課題かも知れない。

アップも終わったので倶利伽羅岩に戻るとエリさんが「カラクリ」の初手が取れそうとのこと。

もしかしたらそろそろ登るかも知れないと思いカメラを鞄から出した瞬間、初手止まった~!

あとは練習を重ねた後半パートなので難なくそのまま完登。

予感が的中してしまい動画撮れず。

仕方ないのでもう一回登って貰いました。

疲れのせいか1便目より完成度が少し低いものの無事に動画撮れました。



久々の成果なのでこれからの豊田シーズンに向けて良いイメージで臨めることでしょう。

次はエリさんの「百里眼」の予定だったけど、疲れたということで先に「泉の家」をやらせてもらった。

・泉の家 初段
ムーブは一昨日完成済みなので一撃するはずがガバへ飛び出すときに左手が抜けてフォール。
慎重にホールディングした2便目で完登。


フリクション様々ですな。

早く終わったのですぐ下の「有明の月」のホールドを触ってみたがこいつは簡単ではない。

恐らくまだ「東雲」の方ができるやつだ。

サッと見限って「百里眼」のトライを見物。

身長があるのでリップには簡単に手が届くのに止まらない。

20回ぐらい飛んだところで疲れてしまった様で本日は断念。

今更だけどちょっとフットスタンスが高い気がする。

次回は少し下の足からトライしてみたら?と進言してみよう。

お次は今日のメインである「阿修羅」へ移動。

・阿修羅 初段
敗退。
前回より進んだものの右足上げるのが辛すぎて乗せられなかった。
恐らく左手のホールディングが良くない。
次回はピンチで持てる箇所を探そう。

171126.jpg
本日の最高到達点

割と時間を使ってしまい時刻は15時ぐらい。

最早身体は終わっていたが最後に何かやって帰るかということになり「羽音」という課題へ。

・羽音 初段
敗退。
ムーブはバラせたが繋げられず。


後々youtube見てみたらやろうとしてるムーブで登ってる人居なかった・・・

よくよく考えると自分のやろうとしてるムーブは以前Nカワ氏が登って見せてくれたムーブだと気づく。

こりゃ初段の強度じゃないな。

他のムーブなら登れただろうに。

まぁ、収穫のある1日だったし気温も暖かく気持ちよく登れたので良しとしよう。

来週こそは「阿修羅」を登りたい。
スポンサーサイト



category: 瑞牆

2017/11/26 Sun. 23:28 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top