FC2ブログ

カオル的日頃のことの備忘録(主にクライミング)

自分の日常で体験したことについての備忘録です。でも、ほとんどはボルダリング日記!

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

17/04/29 ボルダリング@瑞牆 どうしてここはVグレードなのか。 

今日は久々な組み合わせ。

社長、ゴトゥーン、隊長をピックして瑞牆のハットエリアへ行ってきた。

ハットエリアへ行くのはおよそ2年ぶり。

さて何からやりましょうという感じではあったけど道沿いにある適当な課題からってことでトレイルハングの岩へ。

アップでV2の課題を登り裏の「トレイルマン」にトライ。

・トレイルマン V6
 いわゆるマントル課題というところだろうか。。
 2手目を左手でとって思い切り立ち上がってみたらそのままトップアウト。

もしかしたらもうちょっと簡単なムーブがあるかも。

こらがV6かぁ~こんなもんかなぁと思いつつも左側の岩へ移動。

お次は「トレイルハングレフト」。

・トレイルハングレフト V5
 スタートからヒールかけてカンテ沿い登っていき、トップを抑えたところで左面にマントル。
 ムーブがはまるまで数便かかった。

横にあった「トレイルハングライト」は思い付いたムーブがあったが生半可には出来そうにない感じだったのでやらず。

全員レフトを終わった段階で(あっ、隊長以外だわw)「オロチ」へ移動。

見た目まぁまぁ高さがあるけど、そんなに難しい感じはしない。

・オロチ V5 
 やってみたら特に難しいところはなくそのままトップアウト。
 手がヌメったりするとマントルが難しくなるかも。

あっさり終わってしまったので右側にあった「角衛門マントル」というのもやってみた。

・角衛門マントル V5
 スタート位置がどこかわからなかったが、マントルならここだろうという所からスタート。
 左手をポッケ?カチ?に1手出してヒールかけてマントル。
そのまま返してトップアウト。

さて、またまた全員「オロチ」を登れたwので「穴会長」を目指して移動。

時間は昼に近づき太陽が照ってめちゃめちゃ暑い。

そんな中、一番フリクションが影響しそうな「穴会長」にトライ。

・穴会長 V8
 敗退。
 3手目でのでかポッケ取りが核心かと思いきや最後のガバカチ取りが核心だった。
 左手のホールドがイマイチ持てきれず手が延ばせなかった。

ホールドのフリクションが悪かったということにして、これ以上は深追いせず。

ここでは隊長が「穴課長」の良いトライを何度か見せたが登りきれず。

いや~、惜しかった。

まだまだ時間はあったので直ぐ下に見えていた「ピンチオーバーカンテ」という課題に興味がわいたが今回は見送ることにした。

更に上に登っていき、「山ガール」という課題の岩へ。

なかなか場所が分かりづらく少し迷いながらやっと発見。

ふむ、なかなかなデカさの岩。

・山ガール V7
 敗退。
 左手で上部のカンテを抑えるも右手が寄せられる程ではなく、もう一度左手を飛ばす必要があるっぽい。
 背中を下に向けてのデットになるので怖くて手出せなかった。
 最後の最後に気づいたが左足をニーバーみたいにすると手が出せそう。

次回は1撃出来るでしょう。

合間に横にあった「そんごくう」という課題にもトライ。

・そんごくう V5
 オンサイト。
 おそらくスタートから2手目ぐらいまでが核心。
 いきなり足を上げるのが大変かもという感じでしょうか。
 自分のサイズだとやり易いムーブだった。



そして今日の〆は「穴くまじろう」。

枯れ葉に埋もれててスタート位置に行くのが大変だったが掻き分けてスペースを確保。

・穴くまじろう V5
スタートからの1手目がなかなか遠く足の置き位置に困った。
足の置き位置が決まり1手目が取れたら思い切りランジ。



なかなか気持ち良いムーブで最後にはちょうど良かった。

最後も全員wしっかり登って気持ちよく下山。

最近、レベルの近いメンバーと登ることが少なかったので楽しかった。

社長の言うとおりこのメンバー良かったわ~。

この日、最後に思ったことは2つ。

なぜこのエリアはVグレード表記なのかということと社長まだまだ若いなということ。

Vグレードに関しては本場アメリカのBishopのそれとはレベル感がかなり違うなと感じた。

まぁ、グレードなんて1つの指標でしかないのでどうでもいいが、ここのグレード感で海外へ行くと驚くかもしれない。

あと、帰りに社長が龍福の唐揚げラーメン定食でご飯おかわりして食べてたのには驚いた。

登りもだが食欲も若手にひけをとらないのは流石としか言いようがない。

見習わなければww
スポンサーサイト



category: 瑞牆

2017/04/29 Sat. 23:22 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top