FC2ブログ

カオル的日頃のことの備忘録(主にクライミング)

自分の日常で体験したことについての備忘録です。でも、ほとんどはボルダリング日記!

10« 2019 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

19/06/01 ボルダリング@小川山 夏かと思いきや・・・!? 

今日またしても隊長が寝坊によりドタキャン。

ゾエくんと3人で小川山へ。

珍しく行きのLAWSONでキングとウーコに遭遇。

二人もほぼエンクラ気味で来てるとのこと。

そんなんで一緒に行動することになりました。

小川山は真夏のような暑さを想定してきたけど、思いの外涼しい。

正確には日が当たってなければ。。

いくら涼しくても自分のやりたい課題でこの時期に出来そうなのはないなぁ。

エリが「モンスリー」やりたいと言うし、午前中ならあまり日が当たらなそうなので、ギガントのある岩へ。

「バルカン」でも触ってみるかなと思ってたけど、「未来少年」という課題をやってなかったのでアップがてらやってみた。

・未来少年 初/二段
 初手に右手を寄せるところが核心っぽい。
 あとは体力勝負な感じ。
 1、2回ヨレて落ちたけど、その後完登。


最近やった課題の中では一番やり易かった。

アップにはちょうど良い。

その後、エリも無事に「モンスリー」を完登。


1級ぐらいだと割りとあっさり登れる様になってきた気がする。

指が復調すれば更に登れるようになるかも!?

その後、しばらくみんなの「ファルコダイレクト」を見学。

そんな中、キングが左下側から右上に抜ける課題を登っていた。

体感二段ぐらいだそうな。

指が痛そうなので、これはスルー。

「バルカン」も人が来てしまったのでスルーすることにして、次は近くの「ヌメリイグチ」という課題をやってみた。

・ヌメリイグチ 初/二段
 敗退。
 初手取りだけが異常に難しく、ヨレてきたら取れなくなってしまった。
 それ以降はムーブが出来てしまえば特に難しいところがないだけに悔しい。

初手取りが出来ないのはホントにヨレのせいなのだろうか?

そんな疑問を払拭できずに終了。

最初は取れていたのでそうだと信じて次回またやりに来よう。

さすがにキングは完登。とはいえ、滑りになかなかくせしてたな。

今日はあと「穴理事長」と「夜行性」ぐらいかな。

マットあるときにやりたいので少し遠いが「穴理事長」をやりに行くことにした。

・穴理事長 V6(初段)
 前回やったときのムーブを思い出したらすぐに上部に突入。
 右手ガストンで抑えるホールドが持ちにくかったが、体上げたらガバになった。
 最後は木を掴んでゴール。


V6だとすると初段はないと思うけど、割とホールドが悪いので初段ぐらいかな~。

同じロクスノに載っている「ギガント」や「ファルコ」よりは難しいと感じた。

さて、なかなか良い時間。

もう終わっても良かったけどキングが登り足りない感じ。

最後に帰りがけにある「大豆」を少し触って終了。

これは全くできる気配がしない。

初手取ったあとから何も解決出来なかったのでこれは封印。

気がつけば18時過ぎていた。

キャンプするというキング達と別れ、藤もとで夜ご飯。

不思議とここの焼肉定食は美味い。
スポンサーサイト



category: 小川山

2019/06/01 Sat. 23:43 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

19/04/21 ボルダリング@小川山 恒例の合宿~その2! 

恒例の集合写真。
190421_01.jpg

今年も飲み会楽しかったな。

さて、体力的には何も出来なそうな今日。

まずはおじさん達による「黒豆」勝負を見ながらアップすることにした。

190421_02.jpg

久々にマントル3課題をやってみたが左の2級が一番難しく感じた。

マントルの練習には持ってこいな課題だと思う。

それにしても今日は涼しい。

全力を出すなら今日だったなと後悔。

何もしないのももったいないので、アップもそこそこにカズヤ君と「夜行性」へ向かうことにした。

途中、カツオとタジーを拾い川を渡って対岸へ。

すごく遠いイメージがあったけど意外と近いな。

すぐに「ストレンジデイズ」の岩が目に入り、奥に目当ての「夜行性」の岩が見えた。

先週の雪の影響かまだかなり水が滴っていたがホールドは何とかセーフ。

マットを敷いて早速トライしてみた。

・夜行性 二段
 敗退。
 純粋に出来ない箇所が2ヶ所あった。
 1つ目はトゥを掛けてホールドをマッチしたあとの足解除。
 2つ目はマントル。

この日はどちらも解決策を見いだせなかった。

トゥの解除は恐らくもう少し早い段階でしておかないとダメな気がする。

マントルは左足をかなり体寄りに乗っけて立ち上がらないとダメな様で体の硬い自分にはなかなか難しい。

割りと得意系な気がしていたのだけど、全く出来る気配がなかった。

もう少しムーブの研究をしなくてはいけないな。

かなり疲れてしまったが、こちら側に「穴理事長」なる課題があるらしいので探しに行ってみた。

トポにあるアプローチボルダーからかなり先に進むと正面に見えてきた。

190421_03.jpg

これが穴理事長ボルダーか。

パッと見出来そうに感じたので3人でやってみた。

・穴理事長 初段
 敗退。
 確信はなんと最上部。
 真ん中上部の良さそうに見えるホールドが実は悪かった。
 そもそもホールドが染み出してるのもあり、これより上に突っ込めず。

状態が良ければ行けたのだろうか。なんだかモヤっとしたホールドで嫌だったな。

穴と付いていながら核心はポッケではないとは。

ここまで来るのはなかなか遠いのでまた気が向いたらやりに来てみるか。

なんと気がつけば16時過ぎ。

みんなが居る黒豆石に戻り、最後に一休さんのトライを見て終了。

今回も無事に怪我人なく合宿終了。

パノラマの湯で風呂入って境川でご飯食べて帰宅。

めちゃくちゃ疲れた。来週からのGWに向けて調整しなくては。

category: 小川山

2019/04/21 Sun. 23:20 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

19/04/20 ボルダリング@小川山 恒例の合宿~その1! 

水曜にジムで登ったので2日レストしての小川山。

若干疲れが残っているのが気になるが・・・

さて、今年は総勢13名で合宿へ行ってきました。

朝一の良い時間を狙うべく着いてすぐ石楠花へ向かう。

・幻の光 三段
 敗退。
 疲れと太陽の日の強さのせいでマントルまでいくのに一苦労。
 明らかに3日前と違うコンディションで全然良いとこなし。

無駄に体力を消耗してしまった。

あまり深追いせず、トモノ&ヤマグチの居る流れ岩に合流。

190420_01.jpg

トモノくんのやっていた「流れるSD」をセッション。

・流れるSD 初段
 敗退。
 3級のスタートにセットするまでは完璧なのに、そこからの1手が止められない。
 3級だけやると出来るので何かが噛み合ってない感じ。

最後は腕がパンパンになって終了。

最後の最後で以前自分が3級登った時とホールドが違ってることに気づいてしまい愕然。

以前のホールディングなら簡単に登れてた~。

それにしてもこれは難しすぎる!初段ではない気がするが・・・

とはいえ、次回コンディションさえ良ければすぐに出来そう。

みんなでワイワイと楽しかったので良しとしよう。

もう完全に使いきってしまった。。

駐車場に戻る途中で少しだけ「寒気」をやろうとしたが、指が痛くて取り付けず。

今日は16時過ぎには上がってナナーズへ買い出し。

宿は例年通り、岩根山荘。

やっぱご飯がうめーっす!

190420_02.jpg

夕食後は人狼ゲームしながら夜な夜な飲んでました~。

category: 小川山

2019/04/20 Sat. 23:32 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

19/04/16 ボルダリング@小川山 こっそりと。 

今日はコソ練の日。

もちろん登れればそれに越したことはないが、恐らくそううまくは行かないだろう。

で、今日練習したのは下記の2つ。

・幻の光 三段
 敗退。
 全くムーブを忘れてしまい最初から探り始める。
 初手を取った後、片足だけで右手を送り足位置を右に移して左手アンダー取り。
 その後右ヒールを掛けて右手で頭上のカチをとり、右足をトゥフック、左足で粒を踏み左カンテを取る。
 右足をヒールに戻し、マントル体制。

190416_01.jpg

ざっくりこんな感じ。下部は慣れてくると徐々に自動化されてくる。

やはり問題はマントル。今の感触だと全く返せる気配がない。

足らないのは左手の押しとスタミナでしょうか。

とにかくやって鍛えるしかないな。


・穴社長 二段
 敗退。
 やはりピンチ取りは難なく。
 左手のスローパー取りの時の足位置が定まらず苦戦。
 色々試しているうちに少し高めの小さいジブが自分のサイズ的に合いそうだと判明。
 スローパーを触るも止めきれず。

190416_02.jpg

これはかなり完登に近づいた。

次回以降コンディションが良ければ登れそうだ。

16時にはヨレヨレで撤収。

合宿までに疲れを取らなければ。

category: 小川山

2019/04/16 Tue. 23:17 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

19/04/06 ボルダリング@小川山 グッドコンディション!! 

今日は1年ぶりに小川山。

メンバーは隊長とゾエくんの3人。

現地でトモノ隊と合流し、6人で「ジグザグ」へ。

アップもそこそこにフリクションの良い間に落とすべくセッション開始。

・ジグザグ 二段
 結局すぐに日が当たってきてしまったがフリクションは良かった。
 1便目から左ヒールあげるところまで行けたので調子良いかも!?
 と思ったら4便目で登れました。


足上げの時の左手のホールディングが分かったらすぐ登れた。

思いの外、早く終わってしまった。

しばらくみんなのトライを眺めながら応援。

しかし、ジッとしていられなくなってきたのですぐ近くの「ミケ」をやってみることにした。

・ミケ 二段
 ファーストトライからリップ近くを叩けたので行ける気配がする!
 あとは回を重ねるごとにムーブを修正しながらトライ。
 その後、7、8便目で完登。


恐らく左足と左手が重要だったと思う。

意識したのは左足の蹴りと左手の押し。

リップは意外とガバなので止まってしまえばという感じでした。

苦手だと思っていた課題だけになかなか嬉しかった。

手を見てみると血だらけに!?それだけリップが良かったんでしょう。

190406_01.jpg

「ジグザグ」に戻ってみるとゾエくんが完登していた。さすがですね。

トモノ隊のトライを見届け、一緒にくじら岩に移動。

ちょっと長めのレストをして、「穴社長」をやることにした。

・穴社長 二段
 敗退。
 右手のピンチ取りまでは難なく。
 やはり上部のスローパー取りが出来ず。
 足位置をベストなところに置かないと出来ない感じ。

うーん、なかなか進歩がないなぁ。

少し間隔を詰めて通って足位置を決めないと厳しいかも。

自分にはかなり難しい目の課題である。

さて、だいぶ疲れてきたがみんなをタブらかして「テンペル・タットル」へ。

トモノ隊メンバーとランジセッション。

・テンペル・タットル 初段
 最初のトライから感触良し。
 これまた徐々にムーブを修正して4便目で完登。


これまたあっさりと登れてしまった。

ランジ課題が得意になったのかと勘違いするほど。

でもこれは恐らく勘違いだろう。石魂ランジと比べるとかなり優しめに感じる。

そんなことは気にせず、因縁である宿題の課題へ。・・・「AIT」。

・AIT 初段
 敗退。
 というか、指が痛すぎてホールドを持てず。
 核心のリップ取りに至れなかった。

これはやっぱり一日の最後にやる課題ではない。

最初に気合い入れてやりに来なくては。

まだ少し時間があったので上に登って「残雪」をやることにした。

昔触ったときは全くできる気配がなかったのでいつもスルーする課題。

・残雪 1級
 1便目はホールドが良く分からず上部からフォール。
 2便目は慎重にホールドを探りながら行ったら普通に出来ました。


出来てしまえば1級と言えるやつ。

現場に行ってみると意外とホールドがたくさんあり、不意落ちする感じではない。

ゾエ君が若干グラウンドするハプニングもあったけど、無事に完登して終了。

今日も良く登りました~。

夜ご飯はロビンに行ってビーフカレーのハンバーグ乗せ大盛!!

190406_02.jpg

めちゃ美味かった~。満足満足。

category: 小川山

2019/04/06 Sat. 23:36 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top